シロアリ駆除費用相場を確認し適正な業者を見つけよう

白蟻と電卓

信頼できる業者を選ぶことが大切

シロアリ駆除を行なう上で費用はとても重要なポイントとなります。ただ、価格だけで判断するのは極めて危険です。サービス内容をしっかり確認し、信頼できる業者を選びましょう。 ・

優良な業者に依頼すること

業者の中には、良心的な料金プラン、そして充実した保証を設けているところもあります。その中でも特に実績のあるところは良質なサービスを提供しているだけでなく、5年間保証も設けています。万が一シロアリが再発生しても駆除を無料で行なってくれるという内容のサービスです。近年は化学物質にアレルギーを持つ人が増えているため、天然殺虫成分を配合した薬剤を使用するところも出てきました。小さな子どもがいる家庭や、喘息を持っている人でも安心して依頼できる点が魅力です。優良な業者は対応が丁寧なので、分からない点や確認したいことがあれば聞くようにしましょう。シロアリ駆除費用相場や内訳も教えてくれます。

保証の内訳を確認しよう

良心的なシロアリ駆除業者の多くは概ね5年間の保証期間を設けています。シロアリは繁殖力が強いため、棲みつきやすい建物であれば再発することも十分考えられるからです。サービス内容や料金と併せて保証期間の内訳も確認しておきましょう。もし保証を用意していない業者に依頼して駆除を行なった場合、短期間でシロアリが再発生したとしても2度目の駆除に再び費用が掛かります。ランキングサイトなどの口コミでは、保証を設けている業者の評価が高くなっているので、そういったところから選ぶと納得できるでしょう。

保証は全てに対応できるのか

シロアリの種類
アメリカカンザイシロアリなど、シロアリ固有の生態によっては保証がない場合もあるため注意が必要です。また、種類によってシロアリ駆除費用相場も変わってくるため、内訳なども併せて確認するようにしましょう。
建物の構造
建物の構造上シロアリの食害を受けやすいケースがあります。予防処理を隅々まで行なえないということは再発生のリスクが高いことを意味しているため、そういった構造の建物では保証を付けることができません。
被害状況
シロアリ被害が既に進んでいて十分な対処ができない場合は、短期間で再発生することが考えられるため、保証を付けてもらうことはできません。また被害の大きさにより作業が増えるため、料金も通常より高くなるでしょう。念のため、あらかじめシロアリ駆除費用相場を見ておくようにしましょう。

損害賠償について確認しておこう

白蟻被害

シロアリ駆除に保証サービスがあることは上の章で伝えましたが、この保証サービスに加えて「損害賠償」を設けている業者も存在します。シロアリの再発生によって損害を受けてしまった場合、被害箇所を上限300万円以内で補修するというものです。

TOPボタン