シロアリ駆除費用相場と内訳を確認しよう

白蟻と電卓

費用を安く抑えるポイント

お金と業者

シロアリ駆除の費用を安く抑えたい!というなら、シロアリ駆除費用相場を調べるだけでなく、雑損控除制度を利用するといいでしょう。控除申請にはシロアリ駆除の内訳の詳細や領収書などが必要となるため、業者に確認しましょう。

雑損控除の内訳

「災害または盗難もしくは横領によって資産についての損害を受けた場合には一定の所得控除を受けることができる制度」というものが、所得控除の中にあります。これが「雑損控除」と呼ばれるものです。シロアリ駆除に掛かった費用は、所得税法施行令第9条に規定する「害虫その他の生物による異常な災害」に該当します。申告する際は、駆除の内訳を明確にする必要があります。ここで注意しなければならないのが、シロアリの被害を予防するために掛かった費用は対象外となる、という点です。既に被害が出ていて、拡大を防ぐために緊急を要したという場合だけ、雑損控除の対象となります。シロアリ駆除の予防に掛かった費用は、駆除のために掛かった費用としてのみ申告が可能です。

雑損控除を受けるには

雑損控除を受けるには、損害を受けた資産の所有者が納税者であること、もしくは納税者と生計を一つにする配偶者やその親族でその年の総所得金額が38万円以下であることなどの条件をクリアしている必要があります。損害を受けた資産が生活に必要な住宅や家具、衣類などであること、事業用の資産(別荘など不動産屋ゴルフ会員権など)、貴金属や書画、骨董など1個の金額が30万円を越えるものなどは含まれません。

雑損控除の申請における大事なポイント

雑損控除の申請におけるポイントを、以下のQ&Aで紹介します。


雑損控除制度を受けたいのですが、どのように手続きすればいいのでしょうか?
税務署で毎年行われている確定申告で、必要書類を提出する必要があります。まず、シロアリ駆除と資産を修繕した費用に関する領収書や内訳を確定申告書に添付して、雑損控除に関する事柄を記載して提出します。この時領収書がないと控除申請ができません。給与所得のある人は、年末に会社からもらう給与所得の源泉徴収票の原本が必要です。業者によっては必要な資料を全て揃えて控除申請のサポートを行なっているところがあるので、そうした業者を選べば安心です。
TOPボタン